スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太王四神記 第20回「それぞれの思惑」

2008/04/22 (火)  カテゴリー/韓国ドラマ 太王四神記

チュムチ、よかったね!タルビが見つかってさ!!

太王四神記 DVD BOX I(仮)太王四神記 DVD BOX I(仮)
(2008/05/07)
イ・ジア; ユン・テヨン; チェ・ミンス; パク・サンウォン、ペ・ヨンジュン; ムン・ソリ 他

商品詳細を見る


一向にタムドクの命令を聞き入れないホゲを反乱軍として鎮圧するために、タムドクらは契丹を目指して北上を開始。
そのころチュムチもタルビ&パソン姐さんを無事救出、したと思いきや、陣内の不穏な噂の出所を見つけたホゲの罠でした。
タムドクの国内(クンネ)城での、行動を聞き出した後、チュムチたちを釈放。
追手を向かわせ抹殺を試みますが、チュムチの機転で結局取り逃がしてました。

ホゲ・・・。
真っ先に出た質問が、「父上」と「神殿」の安否ですか。
なんだかなぁ。
今更、「王は我々を見捨てた!!」とかそんなことぶっこいちゃいますか。
関彌(クァンミ)城攻略の時にタムドクからの密使を斬っちゃった時点ですでに謀反起こしたのと同義だと思うのは、私だけですから?
そうですか。

百歩譲って、それは良しとしましょう。
でもそのあと、キハの入れ知恵にそそのかされて、勝手に北上して神器探しにうつつを抜かしたのは、誰あろうホゲでしょう。
大軍の将としてあるまじき行為に見えましたが・・・。

それでも、騎馬隊の隊長さんは、ホゲを「チュシンの王」と信じちゃってるんですねぇ。
それもこれも、「キハがホゲをチュシンの王と呼んだのをこの目で見た」から。
彼の行く末も気になるわぁ。
心から忠節を誓ったものが、目の前で崩れ去るのを見るとき、彼は一体どうなっちゃうのかなぁ・・・。

忠犬ハチ公のごときチョロは、無事スジニを発見!
医師すらも匙を投げる状態のスジニだったけど、スジニの「生きる意志」が強かったのかな?
それとも「宿命」が彼女がここで死ぬことを許さなかった?
スジニの果たすべき「役目」は終わってない・・・、と。

火天(ファチョン)会の大長老は、朱雀の神器を失ってしまったから、徐々に老化が始まってますね。
かえってこのほうが味があってよいかも。
でも、今更百済の「アシン王」だの「チサン王」だの引っ張り出してこられても、頭が追い付きませんよ

できたら、これ以上登場人物増やさんでくれ・・・。

今日のお師匠様。
は、おやすみ。
代わりに今回フィーチャーするのは、コ・ウチュン将軍。
「時々、王の手足を縛りつけてやりたく」なるそうな。
苦労人だよ、将軍は。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。