スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメージ 第5回「最高のナンバー・ツー」

2008/05/01 (木)  カテゴリー/2008年春期 ダメージ

やっぱりフロビシャーは、あて馬なのかしら・・・?
パティの腹の底は誰にも読めない・・・。


Damages: Complete First Season (Ws Sub Ac3 Dol)Damages: Complete First Season (Ws Sub Ac3 Dol)

2008-01-29
売り上げランキング : 50139

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


邦題が示す通り、今回はトムにスポットが当たっていました。
その陰では、グレッグの存在も大きくなりだしていましたが。

4か月前

友人に発破をかけられて身の振り方を模索するトム。
「清水の舞台から飛び降りる」ような決意で、パティに辞意を伝えてみたら、あっさり送り出されちゃいました。
これには拍子抜け。
「きっと引き止められる」
「いや!きっちりと主張するところは主張して、ダメならこっちから断るんだ!」
「主導権はこっちが握る!」
なんて気を張っていたでしょうに・・・。
トム・・・、ご愁傷さま。

パティは、トムの本質を見抜いていたわけだ。
「最高の№2」
「でも、それが限界」
究極の引導を突き付けられちゃった感じですね。
確かに、人間には、各々「器」があるのは事実だと思います。
それを過小評価するのも、過大評価するのも、厳禁。
その大きさを自分できっちり把握できるかどうか。
人生の成功のカギかも。

パティが本当に証言を引き出したい相手はグレッグでした。
一介のウェーターでありながら、フロビシャー社の株を所有し、フロビシャーが売りぬけしたまさしくその日に、株を売却していた人物。
ちなみに、彼が所有していた株は、いくらぐらいになったんでしょうか?
会話に出てましたっけ?
きっと半端な額じゃないんだろうな。
となると、やっぱり裏で糸を引くのは、「謎の男、ジョージ」ですね。

グレッグがケイティに今でも電話をかけていることを知っているあたり、パティ並みの情報収集能力ですね。
いったい、何者なんでしょう。
まさか、フロビシャーはあくまでも前座?
ジョージが、本命のパティが倒したい「卑怯者」なんでしょうか。

パティの信念の裏には、彼女の父親の存在が関係するようでした。
何らかの事件で、パティの父親は酷い目にあった。
それが彼女の弁護士としての生き方を決めた。
以前彼女が言った、「普通の死に方はしないと思う」(でしたっけ)とかいう言葉と関係するのかな?

マリッジブルーのエレンは、ケイティを慰めに向かったデイビッドのおかげで、棚ボタ的にグレッグの存在を知りました。
運を味方につけているからか、それとも、逃れられない歯車に組み込まれているからか・・・?

そして、現在。

何者かに襲われ、揉み合ううちに相手を刺し殺したと証言するエレン。
彼女が襲われたのは、パティの家。
でも、刑事が直行したパティの家に、それらしい痕跡は見当たらず。

いったい何がどうなっているのか?
今現在、パティはどこに?
裁判の行方は?
いろいろ明らかになってきてるはずなのに、何一つ事件の真相が見えてこないのは、何故?
スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんにちは!
私今回のお話を観てからちょっとパティの見方が変わりました。実は悪と戦う戦士なのかもと。悪と戦うにはあれぐらいでないと立ち向かえないのかも。お父様がとっても酷い目遭ってパティは今の彼女になったのかと。
フロビシャーなんてもしかして敵じゃないのかも。あの謎の男ジョージが今一番怖い男に見えます。
パティの部屋は綺麗でしたね。やっぱりプロの殺し屋が関わっていそうで怖いです。狙われたのはエレン?パティ?どっちだったんでしょうか?

りり・か | URL | 2008/05/03 (土) [編集]

お返事遅くなってしまいました。

りり・かさん、こんにちは!
今更なお返事ですいません。(汗)

パティのお父さんに起こったこと、何なんでしょうか?
「卑怯者は許せない」みたいなこと言ってましたよね?
何らかの裏切り行為があったんでしょうか。
その相手は・・・、誰なんでしょうか。
パティを刺した被告人、とか?

>狙われたのはエレン?パティ?どっちだったんでしょうか?

そうですね。
ターゲットがエレンだったのかは、まだわかりませんものね。

| URL | 2008/05/07 (水) [編集]

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。