スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ホワイトハウス 第5回「妙な陳情」

2008/05/07 (水)  カテゴリー/海外ドラマ ザ・ホワイトハウス

「ホワイトハウスには地下シェルターがある。」
映画でよく見聞きするシチュエーションですが、実際のところはどうなのでしょうか。


The West Wing Script Book
The West Wing Script BookAaron Sorkin

Newmarket Press 2002-06
Sales Rank : 43566

See details at Amazon
by G-Tools
The West Wing Seasons 3 & 4: The Shooting Scripts: Eight Teleplays by Aaron Sorkin (Newmarket Shooting Script) The West Wing - The Complete Series Collection The West Wing: The American Presidency As Television Drama (The Television Series) The West Wing - The Complete Seventh Season The West Wing - The Complete Sixth Season



なんでか、「ホワイトハウススタッフとバスケ」というコンセプトがしっくりこない・・・。
アメドラなんかでは、結構定番なのに。
日本で言ったら、会社員がお昼休みに公園や社の屋上でバレーボールで遊ぶのと同じ感覚ですね。
なのに、なんで彼らがやっているとこんなに違和感を感じるんでしょうか。
あ、でも「トビーが負けず嫌い」っていうところは全く違和感なかったです。(笑)

私のお気に入りの「チーズDAY」。
レオがあの顔で大真面目にサムをからかうのも、ジョシュの頭はたいちゃうのも、ぐ~っ!
プルーイーが可愛かったです。
その陳情に感じ入って、本気で考え始めるCJもかわいかったけど!

そして、核攻撃避難パスを渡されたジョシュの葛藤。
これを持つことができるのは、大統領とその補佐官であるレオや、ごく限られた政府要人のみ。
考えようによっては、「とっても名誉なこと」なのかもしれません。
でも、ジョシュは、これをきっかけに苦い記憶を呼び起されます。
幼少時代、姉と留守番中に火事に遭い、自分だけ逃げ出し、逃げ遅れた姉を喪ったという経験。
ジョシュは、その罪悪感を胸に秘めていたんですね。
そんなジョシュにとって、今回のパスは、まるで「卑怯者の烙印」のように感じられたのかもしれません。
幼かった自分は、自分一人で逃げ出すしかできなかったけれど、今は・・・。
そして何より、このパスを使わないといけないような事態をもたらさないために、ジョシュはホワイトハウスで働いているんですよね。

今回は、大統領の三女ゾーイが登場。
ファーストレディのアビーよりも先に娘さんが登場していたんですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。