スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MI-5 第5回「黒革の手帳」

2008/05/07 (水)  カテゴリー/海外ドラマ MI-5

それにしても、いいのか、この邦題・・・。

MI-5, Volume 4

MI-5, Volume 4
MI-5, Volume 3 MI-5, Volume 2 MI-5, Volume 1 MI-5, Vol. 5 (5 Discs) MI-5, Volumes 1 and 2
by G-Tools

遡ること一年。
ハリーの同僚クライブ・マクターガトがMI-5を去った。
ハリーの慰留にも、首を縦に振らなかった。

そして現在。
クライブが自殺したというニュースが、新人採用を検討中のハリーのもとに届いた。
しかしハリーは、どうしてもクライブが自殺するとは思えなかった。
クライブの葬式で、やはり同僚だったジュリエットらとも話すが、誰もハリーの不審を気にとめることはなかった。

そのころ、ルースのもとにゲーリー・ヒックスが転がり込んできた。
彼は「情報部時代の内幕をすべて語る本を出したい」という依頼を受けて、原稿を受け取るためにクライブのもとを訪れ、そこで二人組の男がクライブを殺しているところを目撃してしまったのだった。
何とか逃げおおせ、ルースのもとへとたどり着いたと語るゲーリー。

ルースはすぐにハリーに連絡。
ゲーリーから、クライブとの関係や原稿の内容についてを聞き出すハリー。
しかし、聴いているのは彼らだけではなかった。
家の外の茂みから、彼らの会話を盗聴している男たちがいた。
一人は、電話でどこかから指示を仰いでいる。
もう一人が持つライフルの照準は、ゲーリーの後頭部をとらえていた。
しかし電話の相手は狙撃命令を出さなかった。

ゲーリーの携帯電話の着信履歴を調べ、ジョー・ポートマンなる人物が、頻繁に電話をかけていること。
さらにヒックスに関する情報を検索、収集しているらしいことを掴む。
アダムが、探りに行くが、彼女は大学を卒業したばかりのジャーナリスト志望で、ゲーリーに原稿を売り込んでいただけだとわかる。

グリッド内での軟禁状態にストレスを募らせるゲーリー。
「今回の事件を記事にする」と息巻く彼を何とか説き伏せ、セーフハウスへ護送するも、途中で逃亡。
行き先は一つしかないため、あっさり確保に至るが、その際、新聞社を訪れていたジョーにゲーリーと一緒にいるところを見られてしまう。
ただならぬものを察したジョーは、アダムらを尾行。
セーフハウスまでついてきてしまった。

自らを「ボディガード」と称して、その場を乗り切ろうとしたアダムだったが、ジョーは納得していなかった。
特ダネを狙ったジョーはセーフハウスの前に張り込む。
そこに、ゲーリーを狙う刺客が現れる。
その手に銃を認めたジョーは、危険を伝えるために、彼らの乗っていた車やその周りの車の窓を叩き割り、警報を作動させる。
異常を察したザファーらは、危機一髪、難を逃れた。

さらに機転を利かしたジョーは、刺客が乗った車にオンフックの携帯を放り込んでいた。
発信電波の追跡により、車を発見。
さらに家の留守電には犯人達の会話が録音されており、そこから彼らの使用したコールサインまで明らかにすることができた。
これにより、犯人の正体が分かる。
ハリーやクライブの同僚でもある、ウッドリングだった。

「クライブの書こうとしていた原稿は、国の威信と安全にかかわるもので、到底許すことはできない。」
として、自らの行為の正当性を語るウッドリング。
さらに、ゲーリーの始末をハリーに突き付ける。

これ以上の蛮行を許さないためにハリーは、危険を承知で、ゲーリーの証言とクライブの遺書から抽出した筆跡を利用して、クライブが書いていた原稿のフェイクを作成。
ジュリエットに圧力をかけ、ゲーリーにもグリッドメンバーにも手を出さないことを約束させる。

その夜。
帰宅したハリーのもとにクライブからある封筒が届けられていた。
その中にはクライブからの手紙と、黒革の手帳が・・・。



なんといっても、ラストのハリーの「ニヤリッ」がすべて、でした。
いったいクライブの原稿に何が書かれていたのか、そこに書かれていることが、どれほど世界に影響を与えるのか。
気になるところです。

おまけ
なかなか進まなかったグリッドの新人採用。
アダムはジョーをスカウトしていました。
次回予告ではしっかり、登場していましたから、スカウトは成功したってことでしょうか。
最初は向こう見ずで、なんにでも首を突っ込んで状況を逼迫させるクラッシャーかと思いましたが。
どうして。
なかなか見込みがありそうでした。
でも、アダムにご執心な様子で。
そんなところが火種になったりするのかしら?
スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんにちは!
アダムは自分にご執心のジョーをスカウトしてフィオナとギクシャクなんてならないでしょうかね?ちょっと心配。

スパイものはやっぱりイギリスねっと思えるようななかなかの内容でしたね。
さて、暴露本にはどんな内容が??気になりますね。

りり・か | URL | 2008/05/08 (木) [編集]

昼ドラは勘弁・・・。

りり・かさん、こんにちは!

できたら、「昼ドラ」的ドロドロはなしで言ってほしい気がしますが・・・。
イギリスドラマで、決して長くはないシリーズということで、展開が読み切れません。
いまいち、アダムとフィオナの関係も掴み切れてないですし・・・。
そういうウェットな人間関係なしでも、十分に面白いし、きちんと人間が描かれていると思えるんですが。

暴露本の内容、気になりますね。
ハリーは、本物を読む前から内容を知っていたんでしょうかね?
フェイク作っちゃうくらいだから、想像はついていたんでしょうか。

| URL | 2008/05/09 (金) [編集]

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。