スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵モンク5 第7回「えっ?アイツがヒーロー?!」

2008/05/24 (土)  カテゴリー/2008年春期 名探偵モンク5

なんだか今回はニッポンづいていましたね。
ディッシャーの「TsunamiのT」に始まって。
シスコ・フライとして脚光を浴びるハロルドを取材に来たレポーターは日本人でした。
かなり流暢な日本語を話していましたね。
極めつけは、ハロルドといとこが鳴きまねを始めたモスラ!!
まだまだアメリカドラマに出てくる「ニッポン」はヘンテコなことが多いのに、かなりディープなところを突いてきた感じがしました。(何せゴジラじゃなくって、モスラ!)
Monk: Season One (4pc) (Ws Dub Sub Dol Dig)
Monk: Season One (4pc) (Ws Dub Sub Dol Dig)
2004-06-15
売り上げランキング : 36055

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Monk: Season Two (4pc) (Ws Sub Dol Dig) Monk: Season Three (4pc) (Ws Sub Dol Slim) Monk: The Premiere Episode (Ws Dub Sub Dol) Monk: Season Four (4pc) (Ws Slim Slip) Monk: Season Five (4pc) (Ws Sub Dol Slim Slip)



今回のモンクさんの受難は、「巷を騒がすシスコ・フライの正体はハロルドだった!!」という受け入れがたい事実。
必死で否定しますが、何人もの人が見守る中でビルから落下したという事実の前には、モンクさんも反論のしようもなく。
彼の中にあった「ハロルドに比べたら、僕はまだ大丈夫」という形の自己肯定がもろくも崩れ去ってしまいました。

シャツのボタンをはずしていたり、玄関マットがずれていたり、壁に掛けた傘の向きが不揃いだったり。
知らない人が見ても、何の問題も見いだせないほど些細に見えるその一つ一つが、モンクさんのドツボ状態を示しているわけで。
自殺予防の方策としてそっとナイフを片付けるクローガー先生の姿に、ちょっと目頭が熱くなっちゃいました。
モンクさんには、ちゃんと仲間がいます。
彼につきあってトイレ我慢してくれる警部とか、ね!

ハロルドに息子がいたのには、ちょっと驚きました。
シスコ・フライのファンだという幼稚園児への対応を見る限り、父親としての彼と向き合うのは、ちょっと大変そうです。
それでも、「息子の自慢の父親でありたい」と思うハロルドの親心、息子さんにも届くといいな。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。