スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵モンク5 第9回「瞳に魅せられて」

2008/06/05 (木)  カテゴリー/2008年春期 名探偵モンク5

サラッと泣かせるエピでした。
シーズンが深まるうちに、どこか忘れられがちな気がするトゥルーディの存在。
このシリーズの根幹だと思うんですけどねぇ・・・。

名探偵モンク モンクと警官ストライキ (ソフトバンク文庫 コ 1-2)
名探偵モンク モンクと警官ストライキ (ソフトバンク文庫 コ 1-2)リー・ゴールドバーグ 高橋 知子

ソフトバンククリエイティブ 2008-03-17
売り上げランキング : 80261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
名探偵モンク モンク、消防署に行く (ソフトバンク文庫 コ 1-1) Mr. Monk and the Two Assistants (Monk) Mr. Monk Goes to Hawaii (Mr Monk 2) CSI:ニューヨーク  死の冬 (角川文庫 コ 12-41) Mr. Monk and the Blue Flu


ところで、車ごと爆破されてしまったトゥルーディなのに、その遺体から角膜を提供できるもんなんでしょうか?
ちょっとでも傷がついていたら、アウトなきがするんですが。
さらに言うと、レシピエントさんがどうしてトゥルーディの名前を知っていたんでしょうか。
アメリカでは、ドナーの名前はレシピエントに教えてもらえるんですか?

睡眠不足のモンクさんを、いとも簡単にばかしてしまったいかさま師ガリー。
ディッシャーは歯牙にもかけられず、撃沈です。
「なんか悔しいぞ!!」
と思っていたらいましたよ、ヒーローが。
モンクさんからすった財布ごと、ディッシャーの負けもすべて、取り返してくれました!
警察バッジを見せて。
さしものガリーもグーの音も出ません。
警部・・・、かっこよかった!!!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。