スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い巨塔 第9,10回

2008/06/12 (木)  カテゴリー/韓国ドラマ 白い巨塔

今回は、二回まとめて。

第9回「棄権の余波」
第10回「外科長への執念」

B0014UP4O2オリジナル・サウンドトラック「白い巨塔」
TVサントラ エムジェイ Bobby Kim
Geneon =music= 2008-04-23

by G-Tools



外科医科長選挙当日。
イ科長の最後の切り札は、「自らは棄権すること」。
これにとって、同情票が動いた、ということなんだけど。
なんのこっちゃ?

すいませんが、さっぱりわかりません。
つまりは、イ科長の教え子であるチャン・ジュンヒョクとムン・サンミョンの二人が票を分け合うことになった・・・、ということでOKですか?
でも、結局ノ・ミングクも過半数を取ることはできず、再投票になだれ込み。
同日開催では、どうしてジュンヒョクの分が悪いのかも、これまたよくわからず・・・。(汗)
とにかく、決戦を延期することに成功したジュンヒョク。
さらにイ科長とデッドヒートを繰り広げていました。

一方、ドヨンのほうは小児がん患者ジンジュに医師として何の手も差し出すことにができない無力感に苛まれていました。
今回、初めてドヨンとジュンヒョクの友情の一端が垣間見れた気がします。
「ジュンヒョクはジュンヒョク、ドヨンはドヨン」
そんなあまりにも違いすぎる二人が、お互いの違いを最大限尊重し、尊敬し合っているところは、ちょっと素敵です。
良くも悪くも周りに迎合しないところは、案外似ていたりする二人です。

私的には「男の友情」は大好物なので。
特に韓国ドラマは結構男の友情を描かせたら逸品だと思うので。
今後に期待しています。
日本版でも、物語終盤。
江口洋介演じる里見が、大学時代に通った食堂で財前との思い出を語るシーンが、結構印象的でした。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。