スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメージ 最終回「新たなる謎の始まり」

2008/07/03 (木)  カテゴリー/2008年春期 ダメージ

これは・・・。
いろいろな意味で、「やられた・・・」って感じです。
アメリカのドラマは、シーズンごとの最終回は、「クリフハンガー」で、何か一つ次シーズンに持ち越される事件があるものなんですが。
それはもう「デフォルト」ってことで、観ているこちらも織り込み済みなんですが。

今回のこれはもう・・・。
断言します。
「ダメージ」の第一シーズンは、物語の「序章」にすぎません!
今後、エレンとパティの血で血を洗う「女の闘い」や、パティがダークサイドに落ちた経緯、パティの司法妨害の捜査、などが描かれていくんでしょうね。

そう考えると、決して長くはなかったシーズンを観終えた今の感想は。
「なんだよ~!!!」
フロビシャー事件には一応の決着はつきますし、シーズンを通しての謎にも一応の解答は提示されているのに、なぜかすっきりしないんだ、これが。

次シーズンに持ち越しの謎も多いですが、
「いや~!!続きが気になる!!!」
って感じではないかなぁ。

Damages: Complete First Season (Ws Sub Ac3 Dol)Damages: Complete First Season (Ws Sub Ac3 Dol)

2008-01-29
売り上げランキング : 50139

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これまでに出てきた「謎の人物」の一応の正体は、ほぼわかりました。
フロビシャーの手下で、デイビッドを殺した実行犯=ニューヨーク市警(?)の刑事
ホリスがエレンの釈放を連絡した相手=(パティの、詐欺、司法妨害の内偵を進める)FBI
パティがフィスクの死後、一人訪れた墓の主=(35年前、パティが死産で産み落とした)ジュリア・ヒューズ
そして、肝心のエレン襲撃犯=エレンの心変わりを危惧したパティによって送り込まれた殺し屋。(死体を始末したのはおそらくピート。)

ざっとこんなところでしょうか。

エレンがデイビッドを殺した犯人には執着するのに、自らを襲った犯人について、あまり頓着しないのはなぜかな・・・、と思っていたら。
すでに真相に気付いていたんですねぇ。
エレン・・・。
番組開始当初の、ピッチピチの新人弁護士だったころの面影微塵もなしです。
パティに正面切ってガン飛ばしちゃうもんね。
末恐ろしや・・・。

そういえば、デイビッドが殺された日、自らも襲われて家に逃げ帰ったエレンが、荒らされた部屋を見て、血だらけの凶器に触ってしまった理由もわかりました。
デイビッドからの留守電にあった「証拠のテープの隠し場所」があのブックエンドだったからなんですね。
納得。

テープがパティの手に渡り、裁判の決定的不利を知ったフロビシャーは和解を決意。
全資産の93パーセントを放棄して和解金に充てるよう進めるフロビシャーでしたが、どうしても手放せなかったものが、新たな事業に向けた建設予定地。
裁判をやって履歴に傷をつけることを恐れたのも、再起をこの土地に賭けたため。
裸一貫でやり直す覚悟を決めて、あくまで前向に。
そういう所、フロビシャーの長所かもしれないですね。

でも、今回はそうは問屋がおろさなかった。
フロビシャーへの情報漏えいを理由に和解金受諾を辞退するよう言い渡されたラリーによって、フロビシャーの再起に賭ける夢は潰えました。
追い詰められた人間の怖さを感じます。
もともとは、ラリーが目先の大金に目先をくらませたために招いた事態だったのに。
その怒りの矛先が、もとは仲間だった原告団にでも、パティにでもなく、フロビシャーに向かったのも、不思議と言えば不思議。

後は、次シーズンに持ち越される謎の提示って感じでした。
マイケルはエレン襲撃の前夜、何故家に帰っていたのか、とか。
パティの過去には何が隠されているのか、とか。(死産した娘の墓に35年訪れなかった理由とか)
フロビシャー事件に刑事も関連したということで、裏に複雑な人間関係がありそうだな、とか。
なにせジョージを証券取引委員会に推薦したのは、大統領直々だったということで、いくらでもその人脈は広がる余地がありそうです。

題材が題材なので、いかようにも料理できそうな感じで。
折り合いさえ付けば、(パティ役のグレン・クローズ(Glenn Close)の出演料とか)しばらくは続きそうですね。
問題はNHKがそれにどこまでついていく気があるか、ですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

NHKサマ次第

鈴さんお久しぶりです。

ダメージ終わりましたね。毎回まいかい何が起こるのか目が離せないドラマでしたが、13回放送して死人があれだけ出てまだ序章だったとは……。NHKのドラマスタッフブログにも第2シーズンの製作は決まったものの撮影はまだ、とあったので、それこそNHK側が放送してくれるかどうかってところにかかりそうですね。

期待しないで待とうと思います。日本版の「魔王」は観る予定ですか?

ruko | URL | 2008/07/03 (木) [編集]

さぁ、どう出る?

rukoさん、こんにちは!

終わりました。
個人的には「脱力系」に分類されそうです。
いまいち主人公の二人に感情移入できなかったためか、「ヨッシャ、これから本編だ!!!」って感じで気持ちを奮い起せないです。

妙に力入れて観ちゃった分、揺り返しが大きいのかもしれません。
(一生懸命裏を読んでばっかりいました。汗)

もし次があるなら、もっと気楽に「どうなるんだろうねぇ・・・。」というスタンスで観ていくつもりです。

ただ、アメリカ本国では、俳優のギルドのストの可能性もあるみたいですし、存続自体どうなるのかって部分もあるかもしれませんね。

>日本版の「魔王」は観る予定ですか?

そうそう、やるみたいですね。
なんと、ジャニーズだそうで。
とりあえず一回目は観るかも・・・です。(怖いものみたさで。コラ)
案外リメイクって観ないんですよ。
「猟奇的な彼女」も全く観てないです。

| URL | 2008/07/04 (金) [編集]

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリフハンガー ダメージ〈5~13 最終回〉
フラッシュバックを多用してサスペンスを盛り上げる形だったドラマ「ダメージ」第1シーズン(っつか第2シーズンあるんですよね?)が終わりま...

new雑記帳2 2008/07/03 (木) 21:07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。