スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハリー・ポッターと死の秘宝」本日発売!です。

2008/07/23 (水)  カテゴリー/四方山話 その他

Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)
Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)J.K. Rowling

Bloomsbury Publishing PLC 2008-07-10
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「ハリー・ポッター」Vol.7が英語で楽しく読める本 Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)  Adult edition 「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻) 「ハリー・ポッター」 Vol.6が英語で楽しく読める本 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版(3枚組)


とりあえず一つくらいは時勢に乗ったことにも言及しておこうと思います。
ついに「ハリー・ポッター」シリーズの最終巻、翻訳版が発売ですね。
いやー、長かったですね。
足かけ10年。
ハリーとその仲間たちの成長を思いやるというよりも、自らがその分年をとったことに愕然としますが・・・。(苦笑) 


いろいろと取り沙汰されていた、「ラスト」ですが。
うん、まぁ、なんというか。
「想像を超える何か」が起こるということはありませんでした。

巷では「最終巻で何人死ぬか」が話題だったそうですが。
ある意味理不尽ではあったけど、起こるべくして起こった中での犠牲という描き方でした。
そのあまりの呆気なさが、ある意味皮肉だな、と感じました。
日本の漫画とかなら、そういう部分にもっとスポットライトを当てて、それこそ「最期の花道」という描き方になりますよね。

それにしても、やっぱり私の中では、この物語の真の主役は「あの人」です。
ああいう「叶わぬ思い」を胸に秘めたキャラクターに、私は萌えます。
ある意味「ツンデレ」の極地みたいな人ですよね。
失った愛になお誠実に、孤独に闘った彼は、やっぱりヒーローです。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。